塗り直しが多い部分は工法を指定する

~ 塗装方法と塗装場所 ~

塗装が可能な場所

- Painted part -

一般住宅の外壁塗装の塗り直しは全体的に行なう場合や、部分的に行なう場合があります。住宅の中でも劣化が早く進んでしまう場所というのが存在しているので、全体的な塗装の塗り直しを行わない場合でも以下の場所には定期的な塗装の塗り直しが必になってきます。

外  壁

塗装

雨や風、その他の気候からの影響を一番受ける場所になっているので塗装の塗り直しが必要になってきます。

屋  根

屋根を塗る人

雨による影響を受けやすい場所になっており、耐久性が失われると防水効果も無くなってしまいます。

その他(サッシ、玄関ドア)

作業する人

住宅の中でも使用頻度が高い部分になるので塗装の剥がれが目立つ場所になります。

外壁や屋根は主に雨や風などの天候による影響で劣化する事が多いです。住宅地の立地条件によって劣化の具合が異なるので、塗装の頻度は各家庭の使用頻度に合わせて行なう事がベストです。

工法によって異なる仕上がり

- The different finish -

塗装は工法の違いによって仕上がりも違ってきますし、耐用年数も変わってきます。どの工法で塗装の塗り直しを行なうか決める前に、それぞれの工法の違いを把握してみましょう。

刷毛

塗装道具

昔ながらの塗装工法によく使われている道具になります。刷毛を使って塗装を行なう場合には、時間や手間が掛かりますが、経験豊富な職人に任せると丁寧で繊細な仕上がりになります。住宅全体の塗装よりも、限定した場所の塗装に向いています。

ローラー

ローラーでのペイント

広い面を塗り替える時に便利です。塗り替え作業を行なう職人の技術の差による影響もありません。手早く外壁塗装を塗り替えたい場合にはこの工法がオススメです。

スプレー

マスクをつけた人

一度に広い面の塗装を行なう事が出来るので、速乾性の高い塗料を選んだ場合にはこの工法が良いでしょう。スプレーを行なう際には騒音が発生する事もあるので、近所への配慮が必要になってきます。しかし、粘度の高い塗料はスプレーによる吹き付けが適しています。

外壁や屋根は主に雨や風などの天候による影響で劣化する事が多いです。住宅地の立地条件によって劣化の具合が異なるので、塗装の頻度は各家庭の使用頻度に合わせて行なう事がベストです。

外壁は錆びる

- An outer wall rusts.-

錆びの原因

塗料は空気や水分を通してしまう性質になっています。住宅をはじめ、多くの建造物が鉄を使っていますが、その鉄と空気中に存在する水分が触れ合う事で科学反応を起こし錆となります。この科学反応を完全に防止する事は中々難しいのです。

錆びの解決法

科学反応による錆の発生を完全に防ぐ事は難しいのですが、予防する事は可能です。塗料の中には錆の発生を防ぐ成分を含んだ塗料も存在します。外壁の塗り直しを行なう際には錆止め効果のある塗料を一緒に塗装する事で結果的に住宅自体の劣化を防ぐ事が出来ます。既に発生している錆は適切な施工で除去を行ない、その上から錆止めを塗装する事で将来的な錆の発生を防げるでしょう。

錆止め塗料役割

錆止め塗料を塗る事で基盤となっている骨組みの酸化を防ぐ事が出来ます。住宅の耐久性を維持する為には丈夫な基盤が必要ですが、骨組みに錆が発生したままでは大きな欠陥を招いてしまいます。そうならない為には錆止め塗装が必要になってくるのです。さらに、錆止めの成分による抗菌作用によりカビや苔の発生を予防出来ます。 錆止め塗料を使用する事で下地としての効果も発揮されます。塗料の持ちが良くなり、耐久性も高めてくれます。専門業者に依頼を行なう際には錆止め塗装も使って外壁の塗り直しを行なってもらいましょう。

塗装工事に入る前の注意点

- Careful point -

実際に外壁の塗装工事を行なう事になった場合には様々な事に注意する必要があります。依頼する専門業者との打ち合わせをすることが必要ですし、作業工程への理解と無駄な部分は無いかチェックする事が大事です。よくある塗装のトラブルでは、思っていた塗料の色と違った仕上がりになるといった事があります。塗料は塗りたての色と時間経過した時の色が違う事も多々あるので、業者にお願いして仕上りを事前にチェックしましょう。必要なら試し塗りも行なう必要もあります。

外壁塗装工事は自分達だけ気を付けていればいいかと言えばそうでもありません。少なからず騒音や臭いが発生する塗料工事は事前に近隣住民に断りを入れておく必要があります。ご近所トラブルに発展しない為には先に連絡を入れておくと安心でしょう。

弾性塗料が効果的

- Elasticity paint is effective. -

塗料の中でも弾性塗料は外壁のひび割れに効果を発揮する塗料になっています。弾性塗料は通常の塗料に比べて厚みがあるので、ひび割れを起こした部分の隙間をゴムの様に密着して隙間を埋めてくれます。セメントやコンクリートを使った外壁は特にひび割れが発生しやすい素材になっているので、塗装の塗り直しを行なう際にはこの弾性塗料がひび割れを防いで劣化の防止に役立ちます。効果的に弾性塗料を使う事で素材の強度が増し、耐震性も高めてくれます。

適切な塗料を使用してくれる業者を探そう

- Excellent traders -

塗料の違いや工法を理解しても優良な専門業者を選ばないと確実な塗装は行えません。個人個人に合った塗装を行なってくれる良い業者を見分けるコツをいくつか挙げてみます。 そもそも塗装に掛かる費用は業者によって変わってきます。塗装費用を明確に表示していて尚且つ追加の料金が発生しそうな場合には、必ず依頼者に確認を行なう業者が優良で良心的と言えます。さらに、塗装費用の格安さだけをしきりにアピールしている業者は経験や実績に掛けている事があるので、塗装費用の安さだけではなく作業内容や行程もしっかり確認しましょう。何よりも優良で塗装に対して自信のある業者は契約を強引に進める事はありません。見積もりを取ったその場で契約を迫るような業者との契約は避けることが大切です。