外壁塗料選びは耐用年数や効果の違いで選ぼう

~ 塗料の種類と効果 ~

知ってた?実は塗料は豊富な種類がある

- The paint which are hopes -

The kind of paint.

一般家庭に使われる塗料は大きく分けて6つ存在します。どの塗料を使って外壁の塗り替えを行なっていくか判断に迷う事もあるでしょう。外壁塗装に使われる塗料の性質の違いは結合剤や顔料によって差が生まれます。さらに、添加物の割合によって耐用年数や保護効果にも違いが生まれます。専門的な知識を全て覚える必要はありませんが、代表的な塗料を覚えておくと最適な塗料を選ぶ事が出来るでしょう。

外壁塗装に使われる主な塗料6選

- 6 kinds of paint -

数種類の塗料

アクリル塗料

外壁塗装に使われる塗料の中で最も安価な塗料になります。塗装を低価格で行ないたいと考えている方にオススメな塗料となります。短い期間で様々な外壁の色の塗り替えを楽しみたいと考えているなら、このアクリル系塗料が最適な塗料です。

ウレタン系塗料

アクリル系塗料の次に安価な塗料になっていますが、アクリル系塗料に比べると密着力が高いので塗装の剥がれが多く発生している場合に使用すると効果的です。塗装の剥がれが目立つ部分にウレタン系塗料を使用し、他の広い部分の外壁を他の塗料で塗り替えを行なえば相乗効果も出るでしょう。

塗料
ペンキと道具

シリコン系塗料

現在の外壁塗料に多く使われている塗料がこのシリコン系塗料になっています。安い塗料の塗装効果が心配だという方にはこの塗料がオススメです。初回に必要な外壁塗装の塗り替えに費用と見合った効果を期待するならこの塗料を選びましょう。

塗装

フッ素系塗料

塗料の中では高額な塗料になりますが、長期的な事を考えるとお得な塗料になります。フッ素系塗料は外壁の美しさを維持する事に長けている塗料になっています。家が大きく小まめな外壁塗装を行なうのが難しい場合にこの塗料を使用するとフッ素効果で長持ちします。

遮熱系塗料

室外と室内の気温の差がある地域で使用される事が多い塗料になっています。太陽の日差しによる熱を遮断し快適な温度調整を行なってくれます。この遮断系塗料を塗る事で電気代の削減を狙う事も出来ます。

壁を塗る差作業員
作業する男性

光触媒塗料

外壁塗装に使われる塗料の中で最も新しいタイプの塗料と言えます。天然光の熱を利用し外壁の汚れの定着を防ぎます。浮いた汚れは雨で簡単に落ちるので、長い間美しい外観を維持出来ます。まだ広く流通していない塗料になるので、専門店に問い合わせる必要があります。

知っておきたい耐久性チェック

- Durable check -

外壁塗料に使われる塗料にはそれぞれに耐久性年数が存在しています。塗料の価格が安価な場合、耐用年数は低くなる傾向がありますが、高価な塗料が優れているかと言えば必ずしもそうではありません。塗料を使う場所や広さに応じて使い分けてこそ、確実な外壁塗装の塗り直しが行なえるのです。代表的な塗料の耐用年数を以下の様にまとめているので、自宅の塗り替えにどの塗料を使うかチェックしてみましょう!

水性と油性の2つの違い

- That it's aqueous, 2 of oily difference -

外壁塗装の重要性や塗り替えのタイミングが理解できたから、我が家も早速新しく外壁を塗り替えよう! ……そう考えてみたものの、誰に頼むべきか迷う事もあるはず。外壁塗装の塗り替えは専門業者選びがポイントになってきます。以下のポイントを確認しながら最適な専門業者を選びましょう。

水性塗料

水性塗料は主成分が水なので外壁の塗装をはじめ、あらゆる場所の塗装に使用する事が出来ます。価格も比較的安価になっているので手に入りやすく、塗装費用を抑える事も出来ます。しかし、気温の低い地域での使用には向かず塗料の耐久性も低くなってしまいます。水性塗料は多くの塗料メーカーで扱っているので、色のバリエーションも豊富ですし、水が主成分になっているので保管時の危険性もありません。

油性塗料

油性塗料はシンナーや有機溶剤を主成分としている塗料になります。水性塗料に比べると臭いがきつくなりますが、密着性は高まるので外部からの刺激に強い塗料になります。水性塗料に比べると高額になりますが、満足度は高い塗料です。

2つの塗料の違いを理解して最適な塗料を選んでいきましょう。自分で判断する事が難しい場合には、専門業者と相談しながら決めていくと良くことが大切です。

人気のある光触媒塗料

- Popular light catalyst paint -

注目ポイント

数多く存在する塗料の中でも環境に優しく、太陽光や雨を利用して汚れの定着を防ぐ事が出来る光触媒塗料は注目度の高い塗料です。取り扱いや流通の点に関して言えば充分とは言えませんが、将来的な事を考えると光触媒塗料を選ぶ方が結果的にお得になる事もあります。

光触媒塗料のメリット

  • ・ほこりやカビが付きにくく汚れにくい
  • ・太陽光と雨で汚れのセルフクリーニングが行える
  • ・カビが発生しにくく苔が付きにくい
  • ・外壁塗装に使用される塗料の中で最も耐久性に優れている
  • ・空気清浄効果があるので環境維持に役立つ
  • ・排気ガスや人工物質特有の臭いを分解してくれる
  • ・熱の遮断に優れているので電気代を抑える事ができる

汚れやすい塗装の3大要因

- The cause of the coat which tends to get soiled -

数多く存在する塗料の中でも環境に優しく、太陽光や雨を利用して汚れの定着を防ぐ事が出来る光触媒塗料は注目度の高い塗料です。取り扱いや流通の点に関して言えば充分とは言えませんが、将来的な事を考えると光触媒塗料を選ぶ方が結果的にお得になる事もあります。

☑艶なし塗料

汚れの定着は塗料の艶とも関係してきます。艶なし塗料は落ち着いた雰囲気の外壁に仕上げる事が出来ますが、防水性が低くなるのでホコリやちりを溜め込んでしまい、汚れが付きやすくなってしまいます。

☑合成樹脂塗料

紫外線に反応して当初の色から変色する事もあります。 成分上どうしても静電気が発生しやすいので、細かなホコリやちりを引き寄せやすく汚れ発生が多くなってしまいます。

☑弾性塗料

粘着性が高く剥がれにくい性質の弾性塗料ですが、一旦汚れが付着すると取り除く事が難しくなる事もあります。ひび割れに対しては高い保護効果を発揮するので、 使用する場所を選ぶ方が良いと言えます。

耐久性も維持する外壁塗料

- Durable maintenance -

外壁塗料の特徴を理解し適材適所で使用する事で塗料の効果を引き出せます。以下のポイントを抑えて耐久性の維持に長けた塗料を選びましょう。

  • ・防水性が高く外壁の表面の凸凹までコーティングする塗料を選ぶ!
  • ・太陽光の紫外線で汚れを浮かせ雨により洗い流す事が出来る塗料を選ぶ!
  • ・雨だれに強い撥水性の高い塗料を選ぶ!
  • ・雑菌の繁殖を抑えカビの発生を防ぐ塗料を選ぶ!
笑顔の男性